• VistaFinder Mx

    VistaFinder Mxは現場作業を遠隔地より指示、サポートするための高機能なリアルタイム映像伝送システムです。

     

    作業指示者側の端末に記載した手書きの指示を、現場の映像にリアルタイムに追従することで、作業の効率化やミスの削減を支援します。

     

    お問い合わせいただきますと、無料体験版をご用意させていただきます。

  • 新型コロナウイルス対策

    VistaFinder Mxは作業員への指示出しや、工場監査など全て遠隔で実施できるため、

    三密を防ぐ必要があるこれからのWithコロナの時代に最適なソリューションです。

     

    VistaFinder Mxは国内にとどまらず、海外でも利用いただけます。

    そのため、建設・道路、通信、警備、ビル管理、医療機関、官公庁・自治体などの組織で導入されてます。

  • このようなことでお困りではないですか?

    VistaFinder Mxは遠隔地とのコミュニケーションツールとして最適なソリューションです。

  • 昨日は三箇所、今日は四箇所の現場を回るのか・・やれやれ

    その1 人材育成

    熟練技術者の減少で人材育成が困難

    熟練者数が減少し、一人の熟練者に対する負担が増します。そのため、新人に十分な教育ができない場合や時間がかかる場合がある。結果、作業品質が低下するといったことが・・・。

    複数の現場を同時に監視し、管理できるので本部から移動することなくフォローができる!

    VistaFinder Mxなら、

    任意の場所からフォローできます

    VistaFinder Mxを使えば、熟練工が本部にいながら映像を介して現場とコミュニケーションができます。その場での作業指示や新人教育を行うことができ、熟練工への負担を軽減します。

  • 想定外の状況だ。本部に連絡して詳しい人を派遣してもらわないと・・

    その2 すぐ対応できない

    現場の状況を常に把握したい

    問題やトラブルが発生し、確認するために現場に行かねばならず、その都度に作業がストップしてしまう。

    映像上に直接支持が記入でき、ARでその指示が追従するので、言葉ではわかりにくいことも間違いなく理解できる!

    VistaFinder Mxなら、

    映像で直接指示記入できます

    VistaFinder Mxなら映像に直接記入することで、正確に意図を伝え、コミュニケーションロスを防ぐことができます。このため、トラブルの早期対応や、現場確認作業時間や人件費、移動費などの削減を見込めます。

  • 海外拠点との連携方法は?

    その3 海外拠点と連携

    世界中どこでも状況を把握したい

    海外工場で人材が不足している。現地への派遣や人材育成するにも時間や経費がかかってしまう。また、海外工場の現状を知りたいが、電話だとお互いうまく伝わらないし、接続先の通信環境が不安。セキュリティだって・・。

    衛星通信で利用することが可能です。

    VistaFinder Mxなら、

    衛星通信を利用でき、セキュリティも考慮

    VistaFinder Mxなら、映像への直接指示が記載できるので言語の壁を低くします。また、接続先が僻地であったとしても、衛星通信が利用でき、リアルタイムで高品質での映像通信することができます。接続先と時差があったとしても、VistaFinder Mxで録画したものを報告することができます。セキュリティでは、KDDI総合研究所が開発したストリーム暗号方式「Kcipher-2」を採用しております。

  • VistaFinder Mxの特徴

    いくつかの特徴のご紹介いたします。

    ARによる直観的な遠隔指示機能

    独自の「マーカーレスAR技術」により、事前に作業現場にマーカーを付与しておく必要はありません。

    高画質で高機能

    映像や音声で遠隔地の状況を技術者が確認し、状況にあった的確な指示を出すことが可能です。

    ハンズフリー機能

    ウェアラブルデバイスのご利用で、現場ではハンズフリーで作業が実施可能です。(オプション機能)

    安定した伝送の実現

    • 回線の帯域変動に自動追従する独自の伝送制御技術を搭載しており、品質が変動しやすいモバイル回線や低帯域の衛星回線でも安定した伝送を実現します。
    • 衛星で通信が可能のため、僻地でも利用が可能です。映像へ直接の指示が記載できるので言語の壁を越えやすく、現地の人材育成にも役立てられます。

     

    軽量な暗号化方式の採用

    • 最大1080p(Full HD)の高画質での映像伝送が可能です。
    • KDDI総合研究所が開発した高速処理が可能な、ストリーム暗号方式の「Kcipher-2」(注1)を採用しています。

     

    注1:国際標準(ISO18033-4)、電子政府推奨暗号 に採用

  • VistaFinder Mx のご利用シーン

    VistaFinder Mxは以下の分野で広くご利用されております。

    ハンズフリー・AR設備保守
    緊急時の現場報告
    災害時のBCP対策
  • 設備保守の遠隔支援、緊急時の現場報告、災害時BCP対策などでの作業効率を飛躍的に向上させます。

    建設・道路、通信、警備、ビル管理、医療機関、官公庁・自治体などで活用されています。

  • VistaFinder Mxの構成例

    対応OSや構成例のご紹介

  • VistaFinder Mx に関するお問い合せ

    VistaFinder Mxに関する資料請求やご質問など、まずはお気軽にご相談ください。
    また、デモや無料体験版のご用意もさせていただきます。

×
 プライバシーポリシー 
 
当社は、個人情報の重要性を認識し、法令遵守のため、以下の通りプライバシーポリシーを定めます。
当社の事業目的の範囲内で、お客さまの個人情報を収集、利用いたします。
また、個人情報を収集する場合には、目的を明らかにしたうえで、事前にご本人の同意を頂きます。
個人情報への不正アクセス、破壊、改ざん、漏洩等のリスクに関して、組織的、人的、物理的、技術的な安全管理措置および予防策をとります。
個人情報保護に関する法令及び個人情報保護方針に基づく行動計画を策定し、遵守します。
個人情報の適切な利用および保護のため、行動計画に照らし合わせて継続的な見直しを行い、改善・維持に努めます。
 

 個人情報の収集、使用及び目的について 
 
当社はご利用者の個人情報の取り扱いに際しては、適切な管理を実施しております。
外部への流出防止だけでなく、不正なアクセスなどの危険に対して適切かつ合理的なレベルの安全対策を実施し、ご利用者の個人情報の保護に努めております。また当社は、サービスの充実のために、業務委託先に当社ウェブサイトの管理・運営の一部を委託することがあります。その際にも、ご利用者の個人情報の流出や不正アクセスなどが起こらないよう、業務委託先にも適切な管理を徹底させております。
当社は、ご利用者の個人情報を、ご利用者の同意を得ることなく業務委託先以外の第三者に開示することはありません。ただし、法令により開示を求められた場合、または裁判所・警察などの公的機関から開示を求められた場合は、ご利用者の同意なく個人情報を開示することがあります。
 

 プライバシーステイトメントの変更について 
 
このプライバシーステイトメントは改定される事があります。変更の生じた場合は更新日とともにこちらに最新版を掲載していきます。当社ウェブサイトに個人情報を提供される場合等、定期的にご確認くださいますようよろしくお願いいたします。